FC2ブログ

♪ キャラメル カフェ

3ダックス+1チーの毎日

Entries

ティラミスの健康問題



オランジェの、3回目のワクチンの時、

ティラミスも診察してもらう事にしました。













体重測定 生後294日目 3.92kg

わーい、少し増えた~

と喜んで居るのは飼い主だけ??

医師は前回(3ヶ月前)からの増加で、

「これ以上増やさないように!」

と言ってました。

この動物病院の医師はかなり体重を気にする方で

他の患犬の飼い主さんも待合室で気にしてました。

ティラミス、肥満ではないし、今がベストな状態です。

このまま4キロ程度でいられるよう気を付けたいです。













さて、1つ目の気になる点は、片眼が赤いことです。

多少涙が多いけれど、目やにがひどいというわけではありません。

我が家に迎えた時から赤かったのですが、その時は結膜炎で目薬を処方されてます。

結膜炎自体はよくなったのですが、それでもかなり赤いのです。

その頃から医師に「注意するように」との事だったので今回も見て頂きました。

結膜炎ではないようですが、充血しやすいので目薬を処方されました。













2つめは、咳が良く出ること。

風邪(ケンネルコフ??)だとしたら、

ぷりんとオランジェにもとっくに移っているかも??

もう1ヶ月以上前から続いてます。

最初は水を飲むときにむせたのか・・

と思っていました。

でも、むせているような咳ですが、

水を飲んでない、

普通に遊んでたり、寝ているときも急に咳き込みます。

それを見て頂く事に・・。













まず、レントゲンを撮って、その後に心電図検査。

しばらくまたされましたが、結果・・、

心電図では右室肥大・・・?の疑い、

レントゲンでも右側がやや大きい、

それから肺にかげがある・・?

というのです。













医師は、この心電図の波形から考えられる病名を1つずつ説明してくださり、

でも、どれにも該当してないようで、深刻な問題ではないそうです。

それでも心臓の右側がやや大きい事には違いなく、

今後は続けて観察しておいた方がいいそうで、

まず、毎日咳が出た時間帯や様子の記録をとるように言われました。













肺の影は、一応ケンネルコフを疑って、それに対応する薬を処方されました。

ケンネルコフは飛沫感染するので、当分散歩は中止で、

ぷりんやオランジェとも隔離・・・といわれたのですが、

実際、狭い我が家で完全に隔離するのは不可能(汗)













医師としては、何か異常があれば出来る限り発見して治療したい

と思っていてくださるのはよくわかる。

今回診て頂いて特別悪い症状ではなかったのでそれは安心なのだが・・。

日々、一緒に生活している家族としては、

ティラミスは、お転婆で明るい性格ではあるが、

遊んだり散歩の後、ひどく疲れて他の子よりも早く眠ってしまう事がほとんど。

体力がないのかもしれないし、息切れしているように見える。

寒くなったからなのかなあ・・・。

我が家としては、ティラミスを迎えた時、

両祖父母がダップルで、両親はダップル、

そのダップルの両親から生まれたダップルなので、

万が一にも遺伝的に心臓に問題があっても、

「その子の一生」が充実していればそれでいいな

と思った。

今はまだ心配するような様子ではないです。

取り越し苦労かもしれないし。

でも、生きているヒトもイヌにも与えられた寿命はあるし、

楽しく充実した生活になるよう気を付けて行こうと改めておもいました。













それにしても・・・

(-_-)・・・。

ティラミスのご飯食べない&分離不安症の傾向・・。

こちらも医師に相談しました。

うちのかかりつけ獣医は皮膚科が専門で躾には詳しくないといいながら、

一応のことを説明してくださった。

フムフム・・。

私が考えて居る事とほぼ同じ。

もし、どうしても上手くいかずに、

2才、3才になってから手がつけられなくなる可能性があるなら

今から分離不安に詳しい獣医やトレーナーを訪ねた方がいいとのこと。

ただ、犬の分離不安、その子の持って生まれた性格もあるけれど、

半分は、飼い主の問題もある。

だから、カウンセリングに長く時間がかかるとのことで・・・

(;^_^A アセアセ…













いやはや・・

(;^_^A アセアセ…

どうして、汗かというと・・

私が、ヒトの子供さんの分離不安を治療する

医療機関内の学校の教師をしていた経験があるからです。

カウンセリングの実際をよく知っているし、

犬の問題でも、犬が自分で言葉を話すのでなく、

飼い主がカウンセリングされるわけだから・・(苦笑)

うちのオットーがいなくなったらパニックに陥るティラミスには

オットーに、態度を改めて躾けに強力してもらう以外ないですね。

3月生まれのティラミス、

1才の誕生日を目安に、改善の方向に向かわなかったら、

オットー&ティラミスで躾け教室に行ってもらおうと思いました(爆)

オットーも医師に言われて、可愛がり過ぎたと気がついたみたい。













何だかんだと心配事はあるのですが、

それでもその状態をよく理解して、

日々を楽しく過ごせる工夫をしたいと思っていたので・・

疑問点をすべて医師にたずねることができてよかったです。

薬も嫌がらずに飲んでくれるようになったし、

まずは一安心です。



    *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

         

  • at 05:41 
  • [通院
  • TB(-) |
  • CO(0) 
  • [Edit

*あしあと⌒ヽ(*・・)θぺしっ!帳

⌒ヽ(*・・)θぺしっ!(足跡)をつける

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

ひなたん

Author:ひなたん
甲状腺癌で
変形性股関節症で
腰椎分離すべり症で
子宮腺筋症で
排泄障害患者

時々3ダックス+1チワワに
散歩につれて行ってもらうのが
闘病の楽しみかな・・(爆)

みんないくつになったの

second birthday

ランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

links

あしあと





   



ジオターゲティング

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

10/06/14~

アクセスランキング